光目覚まし時計inti(インティ)が効果抜群でおすすめ!

MENU

横向き寝専用まくら「YOKONE2」 ソフトタイプを買ったのでレビュー!

以前、ムーンムーン株式会社の横向き寝専用まくらである「YOKONE」を買って試しました。
その時の体験レビューはこちら

 

初めて横向き寝専用のまくらを使ってみて、
今までに無い熟睡感を味わえたのが印象的でした。

 

そして、その「YOKONE」がパワーアップし、「YOKONE2」となりました!
「YOKONE2」には、ハードタイプとソフトタイプの2種類があり、
ハードタイプとソフトタイプ両方同時に購入しましたが、
ハードタイプは生産が遅れているようで1ヶ月先になりました。
→現在は、ハードタイプも届くようになりました。

 

ということで、今回は一足先に「YOKONE2」のソフトタイプをレビューします。

 

ハードタイプとソフトタイプの違いを知りたい人は、
それぞれで寝てみた感想やレビューがこちらにあります。

「YOKONE2」ソフトタイプが届いたので開封!

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
ダンボールではなく、薄い袋に包まれて届きました。
YOKONEのロゴが見えます。
枕自体が大きいので、外箱も結構大きいです。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
袋を取った状態です。
「MOON MOON」は会社名ですが、「NEW YORK」はわかりません(笑)。
上に取っ手が付いています。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
箱を開けた状態です。
中は枕しか見えません。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
中身を取り出しました。
枕と、チラシなどが入っています。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
チラシは、以下のようなものが入っていました。

  • あいさつ状
  • 商品にトラブルがあった時の連絡先
  • 睡眠冊子
  • 睡眠日誌
  • チラシ
  • シール

なぜか、トラブル用の連絡先の紙(オレンジのやつ)が2枚入っていました。

 

睡眠冊子は、かなりタメになる本です。
ムーンムーン(発売元の会社)の商品を買うと必ず入っています。
私はもう何冊ももらっていますが、タメになるので毎回読んでます。

 

睡眠日誌はA4の紙1枚で、よく眠れた等を記録していくものですが、
正直使わないと思います。(笑)
最近は、スマホアプリなどで自動記録できますし。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
お買上げ明細書です。
1つ18,000円の消費税となっています。

 

私は2つ買っているので、商品代金の合計は約39,000円と結構高いです。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
枕側には、説明書が入っています。
画像だと読みにくいので書き出しておきます。

 

  • うつむき気味がおすすめです。呼吸が楽になります。
  • 仰向けよりも口を閉じやすい姿勢です。鼻呼吸が楽になります。
  • 肝臓がある右側を下にします。心臓が圧迫されにくいので体が楽になります。ただし、妊婦さんの場合は左側をお勧めします。胎児への負担が軽くなると言われています。
  • 下の手は枕の支えを利用して、上の手は少し下にすると楽になります。
  • 上になる足は少し前に出すと、血管が圧迫されにくく楽になります。

内容の前にダメだしすると、
「おすすめ」と「お勧め」が混じっていたので、これは統一した方がいいですね(笑)。

 

内容としては、寝る時のフォーム、姿勢に関するものです。
特に、手の置き方は参考になるので、この通りに寝ると良いと思います。

 

あくまでも参考の姿勢なので、自分が寝やすい姿勢が一番です。
でも、横向き寝の場合、手の位置って結構重要になるので、
個人的には、手はこの説明書通りの姿勢にした方がいいと思います。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
お手入れに関する情報です。
まくらカバーは洗濯できますが、本体は洗えません。
本体は陰干しするだけでいいそうなので、基本的にはベッドに放置します。

 

一応、書き出しておきます。

 

カバーは洗濯できますが、本体のリラックスウレタンは洗わないで下さい。
陰干しするだけで大丈夫です。この素材は空気を出し入れすることで清潔に保つことが出来ます。
長い時間、直射日光に当てると品質劣化をしますのでご注意下さい。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
前置きが長くなりましたが、いよいよ枕本来です。
まずは、正面です。
かなり独特な形状をしています。
青い部分が首を置くところですね。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
180度反対からです。

 

一応こちらからも枕として使うことはできますが、
寝るためというより、うつ伏せの姿勢での読書などに最適です。

 

私は寝る場所では、寝ること以外はしないようにしているので、
こちら側は使うことは無いと思います。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
裏側です。
チャックがあります。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
カバーから、まくらを取り出してみたところです。
まくら本体とは別に、2つ詰め物がありました。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
左側が本体、右側が詰め物です。

 

詰め物を抜いたり、1枚だけにしたりすることで、高さ調整が可能です。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
この詰め物は、多分素材はウレタンです。
低反発ではありません。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
枕側は低反発のウレタンに近いです。

 

ソフトタイプだけに若干柔らかめで、跡がすぐに回復しました。
硬い低反発まくらだと、指の跡などが結構長く残ります。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
詰め物がない状態での高さです。
だいたい9〜10cmくらいになりました。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
続いて、詰め物1つの状態の高さです。
だいたい10〜11cmくらいになりました。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
最後に詰め物2つ入れた、フルの状態の高さです。
だいたい12〜13cmくらいになりました。

 

一般的に見ると、高さがかなり高めのまくらです。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
ベッドに置いてみました。
サイズは大きめ、高さも高めなので存在感がハンパないです。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
ちなみに、横にはカラーボックスの上に光目覚まし時計の「intiスクエア」を置いて使っています。

 

はっきり言って最強の組み合わせだと思ってます。(笑)。

 

「intiスクエア」のレビューはこちら

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
家族に実際に寝てもらいました。

 

寝た時の詳しい内容は少し下に書きます。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
あと、おまけで、反対側を使って寝る時について書いておきます。

 

下の2枚の写真を見て下さい。

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー

 

YOKONE2(ソフトタイプ)のレビュー
上は、手で体重をかけた写真。
下はそのままの写真です。

 

ちょっとわかりにくいですが、奥側(右側)が上の写真だと浮いているのがわかると思います。
寝てみてもバランスが悪く感じたので、
やはり反対側で寝るのは微妙だと思います。

初めてYOKONE2(ソフトタイプ)で軽く寝てみた時の感想

まず最初に寝てみた感想は、「冷たい!」でした。

 

公式サイトを見ると、カバーに冷感素材を使っているようです。
そのため、横向きがどうのこうの、という前に、その冷たさに驚きました。

 

最初はひんやりしていますが、徐々に体温で温まっていくので、
より寝やすく感じました。
まさに頭寒足熱が実現できます。

 

ちなみに、寒くて眠れない、ということはないので大丈夫です。
これを書いている今は2月の真冬なので、肌が触れると寒く感じましたが、
夏はかなり寝やすいんじゃないかと思います。

 

 

次に素材についてです。
素材はウレタンなので、熱がこもるのがデメリットですが、
YOKONE2の場合、カバーがかなり冷たいので、
熱はこもりませんでした
まったく気になりません。

 

それと今回はソフトタイプでしたが、
思ったよりも柔らかくなく、それなりにしっかりと眠れます
柔らかい素材だと、寝た時に深く沈んでしまいますが、
低反発が柔らかくなった感じなので、深く沈むことはありません。
(ハードタイプが来たら、比較してみます)

 

 

そして肝心の横向き寝による感想です。

 

私は前作の「YOKONE1」から使っていたので、
そこまで違和感はありませんでしたが、
初めて使う人は高さが心配な人もいると思います。
でも、実際に横になって寝てみると、この高さがちょうどいいです!

 

呼吸が楽になり、体全体が楽になった感じがします。

 

私はあまり「いびき」はかきませんが、
呼吸が楽になることで、いびきにも効果があるようです。

 

しかも今回は高さ調整機能も付いているので、
本当に誰でも寝やすく使いやすい枕だと思います。

実際にYOKONE2で寝てみた時の感想

まだ買ったばかりなので長期間のレビューはできませんが、
とりあえず、2〜3日YOKONE2で寝てみた感想になります。

 

まあ枕は結局、よく眠れるかどうかが肝心です。

 

寝る時のポイントは、眠る時と起きた時にあると思うので、
2つに分けて書こうと思います。

 

 

まず、眠る時ですが、かなり良いです。
冷んやりしたカバーのおかげで、頭寒足熱となり、
非常に寝やすかったです。

 

最初は少し手の位置を気にしてしまいましたが、
慣れてしまえば、体が楽になって眠れる感じでした。

 

私は眠るのが得意ではなく、
1時間くらいかかって寝るのが普通で、
眠れない時は2時間以上かかる場合があります。
しかし、YOKONE2で寝た時は多分30分くらいで寝れました

 

 

次に起きた時です。
まだ長期間使っていないので何とも言えませんが、
今のところは悪くはありません。

 

普通の枕で横向きに寝ると、肩が痛くなることがありますが、
YOKONE2の場合、体のどこかが痛くなる、というようなことはありませんでした。

 

おそらくですが、熟睡はできたと思います。

 

すごいサッパリという体験はまだできていませんが、
以前、YOKONEで味わった、あっという間に朝になる体験、
をもう一度したみたいです。

 

それと起きる時、ちょっと頭を動かして頬が枕に触れた時、かなり冷たかったです。
カバーの冷感素材のおかげで、目が覚めます!
二度寝防止効果にも貢献してくれました。

YOKONE2は、体が楽になるまくら

YOKONE2で寝てみたら、体が楽になりました。

 

まず、横向きに寝るのが好きな人は絶対に買ってみてほしいです。
決定版のまくらだと思います。

 

普段、仰向きに出る人でも、
寝る時や起きた時に、腰や肩が痛くなることがある人にも良いと思います。
体がかなり楽になります。

 

自然で楽な姿勢で、熟睡したい人におすすめしたいです。

 

⇒横向き寝専用まくら「YOKONE2」の公式サイトはこちら!