光目覚まし時計オキロー(OKIRO)が効果抜群でおすすめ!

MENU

光目覚まし時計オキローの使い方

光目覚まし時計オキローの使い方は非常に簡単です。

 

まあ、所詮は目覚まし時計なので、
一度設定してしまえば、後は特にいじる必要はありません

 

まずは、電源をコンセントに差すところからスタートです。

 

設定は上から順番にしていけばOKです。

 

  1. 初期設定(時刻、月日の設定)
  2. サンライズ設定
  3. アラームの設定
  4. サンセット設定(必要なら)

現在日時を設定する

初めて電源を入れた場合、現在日時がバラバラになっていると思うので、
手動で設定します。

 

説明書を見た方が早いと思いますが、一応ここでも説明します。

 

まずは時刻を設定するので、時計ボタンを押します。
時計ボタンを押した後、「時」が点滅するので、「+」「−」ボタンを押して調整します。
時計ボタンを再び押すと決定します。
次に、「分」の設定になるので同じように設定します。

 

続いて時計ボタンを押すと、月日の設定に入ります。
月日の設定は、時刻と同様に設定していきます。
「月」「日」「曜日」を設定します。

 

最後に時計ボタンを押して完了です。

サンライズ設定

サンライズ設定は、目覚ましを光らせる時間を設定します。

 

普通の目覚まし時計を鳴らす時間設定と同じです。

 

まずは、Sunriseボタンを長押しします。
すると、起床時間の「時」が点滅するので、「+」「−」で調整します。
Sunriseボタンを押すと決定します。

 

次に「分」を同じ用に設定します。

 

Sunriseボタンを押すと、日の出の時間設定に入ります。

 

日の出の時間設定とは、
起床時間の何分前から、オキローを光らせるのか、という設定です。

 

例えば、7時に起床時間を設定し、30分前から日の出を設定すると、
6時30分からオキローが光り始めます。
ただ、最初は弱い光です。
徐々に光が強くなっていき、7時になるとMAXの明るさになる、というわけです。

 

日の出時間設定は、30分〜90分の設定が可能になっています。

 

設定が完了すると、画面に「Sunrise」という表示が出ます。

 

Sunriseを解除したい場合は、もう一度「Sunrise」ボタンを押せば、解除され表示も消えます。

アラームの設定

ここで言うアラームとは、音を鳴らして目覚ませる機能のことです。

 

アラームを設定する場合は、Sunriseボタンを押しながら「+」ボタンを押します。

 

ディスプレイにベルの形が表示されていればOKです。

 

解除する場合は、Sunriseボタンを押しながら「−」ボタンを押します。

 

アラーム設定をすると、自動的にスヌーズ機能もONになります。
スヌーズ機能は、10分ごとに音を鳴らしてくれます。

 

ただ、音を止める時、電源ボタンを1回押しただけならスヌーズは有効のままですが、
電源ボタンを2回押すと、スヌーズ機能ごとオフになるので注意してください。

サンセット機能の設定

サンセット機能は、日の入り機能です。
サンライズの逆で、段々と光を弱くして、最終的には光が消えます。

 

寝る前の読書等に最適な機能になっています。

 

サンセット機能の設定は、Sunsetボタンを長押しします。
すると、「分」表示が点滅するので、「+」「−」ボタンで調整します。

 

再度、Sunsetボタンを押せば完了です。

 

サンセット機能が発動中に、すぐ寝たくなった場合は、
電源ボタンを押すことですぐに消すことができます。