光目覚まし時計inti(インティ)が効果抜群でおすすめ!

MENU

睡眠・目覚めで悩んでるあなたへ!光で起こす光目覚まし時計とは?

「目覚まし時計の音でビックリして飛び起きた…」

 

「目覚まし時計を止めた後、そのまま寝てしまい2度寝をしてしまう・・・」

 

「平日は(イヤイヤ)起きれるけど、休日だと一気に眠ってしまう…」

 

このような経験はありませんか?

 

管理人は、上記すべてに当てはまっていました。

 

目覚まし時計の音で起きた時は、
心臓がバクバク言ってすごいストレスを感じオキローinaaaaaaaることが結構ありましたし、
休日は遅く起きたり、ついつい2度寝をしてしまいます。
平日よりも2〜3時間は多く寝ていると思います。

 

時間がもったいないなぁと思いながら、どうしようもできなかった状態でした。

 

そして、そんな状態を解決してくれたのが、
日本では新しいジャンルの「光で起こしてくれる目覚まし時計」でした。

 

光目覚まし時計はいくつか種類がありますが、
管理人が使っているのは「inti(インティ)」です。
少し前までは、旧型のオキロー(OKIRO)を使っていました。

 

この光目覚まし時計を使うようになってからは、
例え休日だとしても自然に優しく起きることができ、しかも二度寝もしなくなりました

 

もし、あなたも同じような睡眠に関する悩みがあれば、
光目覚まし時計intiはその助けになるはずです。

光目覚まし時計inti(インティ)を実際に買ってみました!

光目覚まし時計inti(インティ)
まずは、ダンボールから開けた状態です。
奥からinti本体の白い箱、黒い部品、
あとはいくつかの案内が入っていました。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
ちなみに、intiのレビューを投稿することで、
保証期間が1年間も伸びるようなので、
レビュー投稿しておくことをおすすめします。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
インティ本体の箱を開けた状態です。
まだ箱がありました。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
この箱から本体の箱を取り出しました。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
最初、この箱の開け方がわからなかったのですが、
上記写真のように、横から開きました。
なお、弱いマグネットになっています。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
しっかりとした梱包の中に、inti本体がありました。
管理人はオキローに比べてこんなに小さくていいのか、
とちょっと驚きました。
あと、かなりオシャレな感じですね。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
その下には、アダプターとその他小物が入っていました。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
全部中身を広げるとこんな感じです。
左奥から、inti用の袋、inti本体、アダプター、
睡眠読本、説明書、シール、が入っていました。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
inti本体のどアップです。
デザインがかなり良いです!

 

電源ボタンなどは、ボタンというよりかはタッチパネルっぽいです。
押しこむというよりかは、軽くタッチするだけで押すことができます。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
裏です。
6ヶ所のすべり止めと、真ん中にネジを差し込めるようになっています。
ここに、付属の部品を付けられます。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
intiを付けてみたところです。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
intiは白色だけでなく、暖色でも使うことができます。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
底に部品を付けてみたところです。
実際にベッドに設置してみます。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
我が家のベッドです。
旧型の光目覚まし時計オキローの横に、
今回の新型光目覚まし時計のintiを置きました。

 

オキローと比べると、非常に小さくコンパクトになり、
かつデザインも良くなっているのがわかります。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
設置部分をアップにしてみました。

 

この黒い部品の底は、吸盤になっていて、
ガッチリと固定することができるようになっています。

 

この黒い部品で、角度などを調節するのですが、
最初は使い方がわかりにくいかもしれません。
基本的には、角度を調整したらネジを締めることで固定できます。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
実際にライトを付けてみました。
これは、オキローのみを付けた時の画像です。

 

オキローは、照射面積が狭く、
ダブルベッドの場合1人分しか当てることができません。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
intiを付けてみました。

 

intiは照射面積が非常に広くなっていました!
かといって、光が分散して弱くなっているわけでもありません。

 

実際に寝てみると、
intiの場合は若干熱を感じました。
これは、まさしく太陽を思わせる感じでした。

 

ただ、オキローと比較してみると、
オキローの本体は普通のデスクライトのように大きいので、
寝ている人に真上から光を当てやすくなっています。

 

一方でintiは本体が小さいので、
ちょっと工夫して光を当てる必要がありました。

 

うまく光を当てる位置にセットできれば、
intiの方が光は強く、これなら起きれそうだと思います。

 

簡単にオキローとintiの比較をまとめると、
「intiの方がオキローよりスペックは高いが、
うまく光の当たるような設置が難しい」
と管理人は思いました。

 

光目覚まし時計inti(インティ)
ちなみに、吸盤を使えば、
垂直の壁に付けることもできました。

 

管理人のベッドの場合は、こういう設置は向いていませんが、
すぐに壁がある人にはいいかもしれません。

光目覚まし時計intiで実感した効果は?

まず最初に、管理人の状態を書いておきます。

 

  • 30代サラリーマン男
  • 平日は仕方なく起きれるが、休日は10〜12時に起きる
  • 休日は早く起きても2度寝、3度寝は当たり前
  • 休日遅く起きた後、時間を損した、といつも後悔する

 

個人的にはよくあるパターン(笑)だと思っています。

 

このような管理人が1ヶ月以上光目覚まし時計「オキロー」「inti」を実際に使ってみた効果は、
以下のとおりです。

 

  • 優しく自然に起きることができる
  • 光で起きるとじわじわくる気持ちよさを実感できる
  • 休日でも平日と同じ時間に起きれるようになった
  • 起きる際のストレスがなくなった
  • 2度寝しなくなった
  • 起きられるようになったことで、入眠もスムーズになった
  • 寝る時間、起きる時間のリズムが整った

 

特に大きく感じたのが、「使える時間が増えたこと」です。
休日使える時間が3時間ほど増えました。
1ヶ月間の休日が8日だとすると、24時間増えたことになります。
1日分です!
時給1000円だとすると、24000円の価値があります。

 

正確には祝日や有給などもあるので、
月平均だと10日くらいになるので、1ヶ月30時間になります。
年に換算すると、360時間(15日分)増えることになります!

 

これは非常に大きいです。
仕事や趣味、家族のために時間を使うことができるので、
以前よりも確実に人生が豊かになっています!

 

管理人はこれらのことから、
光目覚まし時計オキロー、intiを買って、本当に良かったと思います。
同じような悩みがある人なら、光目覚まし時計は本当におすすめです!

光目覚まし時計にオキロー(inti)をおすすめする3つの理由

80,000ルクスの明るさまで徐々に明るくなるサンライズ機能!

intiには「サンライズ」機能があります。
これは、指定した時間に向けて徐々に光が明るくなっていく機能です。

 

朝日が昇って太陽が見えてくると、徐々に明るくなりますが、
これと同じことをシミュレーションしたのがサンライズ機能です。

 

サンライズ機能のおかげで、より自然に優しく目が覚めます。
そして、80000ルクスという窓から差し込む光と同じ強さの光を浴びることによって、
体内時計を整えて、生活リズムを改善してくれます

 

睡眠改善の専門家が完成させた製品!

intiの販売会社である「ムーンムーン株式会社」は、
小さい会社ではありますが、睡眠改善の専門会社です。
社長自身が睡眠障害を克服した方法を米国でノウハウ化しています。
その際に、数十台の光目覚まし時計を取り寄せ、
開発を重ね、ようやく納得した製品となったのがintiだそうです。
まさに光目覚まし時計の専門家です。

 

日本では新しいジャンルだったためか、
新聞、テレビ、雑誌にも取り上げられ、
一時期は生産が追いつかない時もあったそうです。
あと、日本睡眠改善協議会という所からも認定されています。

 

医師や理学療法士も使っているとのことなので、
科学的にも効果が証明されている証拠です。

 

電気代が爆安!さらに1年間の無料修理保証付き!

intiは照明器具なので、
やはり電気代が気になるところです。

 

しかし、1日30分の使用を1ヶ月使ったとしても電気代はたったの4円しかかかりません!
ランニングコストがかなり安いので、全く気にすること無く使うことができます。

 

さらに、1年間の無料修理保証が付いているので、
万が一の自体が起こっても安心です。
1年も使えば、十分に元は取れているはずなので、
これだけ長期間の保証があれば大丈夫そうです。

 

 

想像してください……

 

★ 太陽の光で優しく自然に起きれるようになったら…
★ つらい朝が気持ちの良い朝に変わったら…
★ 休日でも朝普通に起き、有意義に時間を使えるたら…
★ 快適な睡眠で、やる気や効率がアップしたら…
★ 集中力、記憶学習が向上したら…
★ 毎日がやる気に満ち溢れ、スッキリと生活することができたら…

 

どうでしょうか?

 

あなたの睡眠の悩みが解決したら、人生も変わります。

 

少なくとも、管理人の人生はオキロー、intiを使ってから、確実に良い方向に変わりました。

 

今では毎週できた約6時間ほどの時間は、新しい趣味にあてています。

 

管理人と同じような睡眠の悩みがあり、
改善したいと思うなら、光目覚まし時計intiを試してみてください。

 

⇒光目覚まし時計intiの公式サイトはこちら!