光目覚まし時計inti(インティ)が効果抜群でおすすめ!

MENU

睡眠・目覚めで悩んでるあなたへ!光で起こす光目覚まし時計とは?

「目覚まし時計の音でビックリして飛び起きた…」

 

「目覚まし時計を止めた後、そのまま寝てしまい2度寝をしてしまう・・・」

 

「平日は(イヤイヤ)起きれるけど、休日だと一気に眠ってしまう…」

 

このような経験はありませんか?

 

管理人は、上記すべてに当てはまっていました。

 

目覚まし時計の音で起きた時は、
心臓がバクバク言ってすごいストレスを感じることが結構ありましたし、
休日は遅く起きたり、ついつい2度寝をしてしまいます。
平日よりも2〜3時間は多く寝ていると思います。

 

時間がもったいないなぁと思いながら、どうしようもできなかった状態でした。

 

そして、そんな状態を解決してくれたのが、
日本では新しいジャンルの「光で起こしてくれる目覚まし時計」でした。

 

光目覚まし時計はいくつか種類がありますが、
管理人が使っているのは「inti SQUARE(インティ スクエア)」です。
今までは、旧型のオキロー(OKIRO)、旧型のinti(インティ)を使っていました。

 

この光目覚まし時計を使うようになってからは、
例え休日だとしても自然に優しく起きることができ、しかも二度寝もしなくなりました

 

もし、あなたも同じような睡眠に関する悩みがあれば、
光目覚まし時計inti SQUAREはその助けになるはずです。

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)を実際に買ってみました!

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
まずは、ダンボール箱です。
伝票だけ取っています。
この写真だと大きさがわかりにくいかもしれないですが、
片手で持てるくらいの小さめのダンボールでした。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
段ボール箱から開けた状態です。
ダンボールの中には、inti SQUAREの箱が入っていました。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
箱に入っていた物です。

 

・inti SQUARE本体
・電源
・取扱説明書
・保証
・その他紙

 

保証についてですが、
メーカー保証が1年、レビュー投稿で+1年、オンライン登録で+1年、
最大で3年間の保証が付きます。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
inti SQUARE本体です。

 

右上にボタン類、左上に時計のデジタル表示、
下側がライトとなっています。

 

右側のボタンは、物理型のボタンとなっていて、
押す時はきっちり押す感触があります。
操作もシンプルになっているので、
説明書を見なくてもわかりやすかったです。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
旧型のintiとの大きさ比較です。
大きさ自体はほぼ同じです。
重さはinti SQUAREの方が軽いです。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
inti SQUAREの裏側です。
この画像だけだとわかりませんが、この部分は開きます。
次の画像を見てください。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
こんな感じに開きます。
開いた元の方を見ると、
穴が12箇所開いているのがわかります。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
こんな感じで穴に引っ掛けることで、
三角形の土台を作ることが可能です。
入れる穴によって、角度を調整できます。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
横から見ると、こんな感じです。

 

この画像は、一番下の穴に入れた状態で、
一番垂直に近い角度になります。
ただ、若干上を向いているのがわかると思います。
この状態でライトを付けると、やや上側に光が発射されます。

 

入れる穴を上にしていくと、
もっと本体が寝る形になっていき、
より上側に光が当たるようになっていきます。

 

あと、管理人は使っていませんが、
壁掛けフック等を使えば、どこにでも設置できます。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
我が家のベッドです。
ベッドを使っていて、頭の上に置く場所があるヘッドボードを使っています。
そのため、何か置くとしたら頭の上に置くことになります。

 

ちなみにinti SQUAREの左にあるのは、
旧型の光目覚まし時計オキローです。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
ライトを付けてみたところです。

 

光の強さは体感だと旧型のオキローよりは強く、
intiとは同じか強いくらいだと思います。

 

ただ、この画像で気付くかもしれませんが、
管理人の環境だと、光が枕側(下)ではなく、上側にいってしまいます。
そのため、inti SQUAREの光を最大限には活かせていません。

 

旧型のオキローやintiでは、上から下に光を当てることができ、
直接光を顔に当てることができました。
inti SQUAREではこれができなくなっているので、
この点だけは残念でした。

 

ただ、ベッドのサイドに枕と同じくらいの高さの棚を置き、
その上に置けば全く問題はないと思います。
また、壁掛けができるので、壁を使っても大丈夫そうです。

 

なので、管理人のような上から照射する環境だと、
光が顔に直接当てられないという点は注意した方がいいです。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
inti SQUAREの真後ろから撮った絵です。
カーテンの上側に、
光の一番明るい部分が当たっているのがわかると思います。

 

ちなみにこの時は、電気はすべて消しており、
inti SQUAREのライトのみを付けている状態です。
部屋全体が結構明るくなるくらいのライトの強さでした。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
今度は、inti SQUAREの上側から撮りました。

 

管理人の環境では、inti SQUAREの光が上にいってしまいますが、
それでも枕には光が当たっているのがわかると思います。

 

光目覚まし時計inti SQUARE(インティスクエア)
これは旧型の光目覚まし時計オキローを付けた場合です。
上の画像と比較してみてください。

 

オキローはピンポイントで照らすことはできますが、
光の強さは過去作品だけあって弱いです。
ただ、実際に寝比べてみると、
管理人の環境では、inti SQUAREよりもオキローの方が若干光を強く感じました。

 

やはり、ベッドの上に置くタイプの人だと、
光を直接顔に向けられないのがネックになってきます。

光目覚まし時計inti SQUAREで実感した効果は?

まず最初に、管理人の状態を書いておきます。

 

  • 30代サラリーマン男
  • 平日は仕方なく起きれるが、休日は10〜12時に起きる
  • 休日は早く起きても2度寝、3度寝は当たり前
  • 休日遅く起きた後、時間を損した、といつも後悔する

 

個人的にはよくあるパターン(笑)だと思っています。

 

このような管理人が1年以上光目覚まし時計「オキロー」「inti」「inti SQUARE」を実際に使ってみた効果は、
以下のとおりです。

 

  • 優しく自然に起きることができる
  • 光で起きるとじわじわくる気持ちよさを実感できる
  • 休日でも平日と同じ時間に起きれるようになった
  • 起きる際のストレスがなくなった
  • 2度寝しなくなった
  • 起きられるようになったことで、入眠もスムーズになった
  • 寝る時間、起きる時間のリズムが整った

 

特に大きく感じたのが、「使える時間が増えたこと」です。
休日使える時間が3時間ほど増えました。
1ヶ月間の休日が8日だとすると、24時間増えたことになります。
1日分です!
時給1000円だとすると、24000円の価値があります。

 

正確には祝日や有給などもあるので、
月平均だと10日くらいになるので、1ヶ月30時間になります。
年に換算すると、360時間(15日分)増えることになります!

 

これは非常に大きいです。
仕事や趣味、家族のために時間を使うことができるので、
以前よりも確実に人生が豊かになっています!

 

管理人はこれらのことから、
光目覚まし時計inti SQUAREを買って、本当に良かったと思います。
同じような悩みがある人なら、光目覚まし時計は本当におすすめです!

 

ただ、上にも書きましたが、
inti SQUARE本体だけでは、
光を上から下に当てることができないので、
ヘッドボードタイプのベッドの人は注意してください。
ベッドサイドに棚がある人や、布団であれば問題ありません。

光目覚まし時計にinti SQUAREをおすすめする3つの理由

最大20,000ルクスの明るさまで徐々に明るくなるサンライズ機能!

inti SQUAREには「サンライズ」機能があります。
これは、指定した時間に向けて徐々に光が明るくなっていく機能です。

 

朝日が昇って太陽が見えてくると、徐々に明るくなりますが、
これと同じことをシミュレーションしたのがサンライズ機能です。

 

サンライズ機能のおかげで、より自然に優しく目が覚めます。
そして、朝日と同等の明るさである20000ルクスの光を浴びることによって、
体内時計を整えて、生活リズムを改善してくれます

 

睡眠改善の専門家が完成させた製品!

intiの販売会社である「ムーンムーン株式会社」は、
小さい会社ではありますが、睡眠改善の専門会社です。
社長自身が睡眠障害を克服した方法を米国でノウハウ化しています。
その際に、数十台の光目覚まし時計を取り寄せ、
開発を重ね、ようやく納得した製品となったのがinti SQUAREだそうです。
まさに光目覚まし時計の専門家です。

 

日本では新しいジャンルだったためか、
新聞、テレビ、雑誌にも取り上げられ、
一時期は生産が追いつかない時もあったそうです。
あと、日本睡眠改善協議会という所からも認定されています。

 

医師や理学療法士も使っているとのことなので、
科学的にも効果が証明されている証拠です。

 

電気代が爆安!さらに1年間の無料修理保証、90日間の全額返金保証付き!

inti SQUAREは照明器具なので、
やはり電気代が気になるところです。

 

しかし、1日1時間の使用を1ヶ月使ったとしても電気代はたったの10円しかかかりません!
ランニングコストがかなり安いので、全く気にすること無く使うことができます。

 

さらに、1年間の無料修理保証が付いているので、
万が一の自体が起こっても安心です。
実際には、レビュー投稿とオンライン登録をすれば、
最大3年まで保証を伸ばすことが可能です。
これだけ長期間の保証があれば大丈夫そうです。

 

そして、90日間の全額返金保証も付いています。
これなら初めて光目覚まし時計を使う人でも、
とりあえず試すことができるので、安心かと思います。

 

結局、合う合わないは個人差があるし、
寝るベッドや布団の環境にもよってくるので、
試してみないとわからないと思います。

 

せっかく全額返金保証が付いているので、
気になる人は気軽に試すつもりで買うのも全然アリだと思います。

 

管理人が買った時はこの保証はなかったので、ちょっとうらやましいです。
管理人の環境だと、光がうまく当たらないので、
多分返金保証使っていたと思います(笑)。

 

 

想像してください……

 

★ 太陽の光で優しく自然に起きれるようになったら…
★ つらい朝が気持ちの良い朝に変わったら…
★ 休日でも朝普通に起き、有意義に時間を使えたら…
★ 快適な睡眠で、やる気や効率がアップしたら…
★ 集中力、記憶学習が向上したら…
★ 毎日がやる気に満ち溢れ、スッキリと生活することができたら…

 

どうでしょうか?

 

あなたの睡眠の悩みが解決したら、人生も変わります。

 

少なくとも、管理人の人生はオキロー、inti、inti SQUAREを使ってから、確実に良い方向に変わりました。

 

今では毎週できた約6時間ほどの時間は、新しい趣味にあてています

 

管理人と同じような睡眠の悩みがあり改善したいと思うなら、
光目覚まし時計inti SQUAREを使ってみてください。

 

⇒光目覚まし時計inti SQUAREの公式サイトはこちら!